炎症性色素沈着とその対策

しみと一言で言っても種類や対処方法が違ってきます。しみの1つに炎症性色素沈着でできるものがあります。

これは外傷やかぶれなどの炎症後にできるしみで、傷やかぶれの度合いでしみの濃さや大きさが異なります。

外傷やかぶれというのは、日焼けやニキビ、傷の跡のことでその部分が跡になり色素が沈着したのが炎症性色素沈着でできたしみという事になります。

虫さされの跡やムダ毛処理の際にできてしまう場合もあり顔だけでなく全身にできる可能性があります。炎症性色素沈着は皮膚が弱い人や過敏な人、アトピー性皮膚炎の疾患所に多く見られます。

何らかの理由で肌に炎症が起こると色素細胞が刺激されメラニンを大量に生成します。それがターンオーバーで排出されずに皮膚に沈着してしまい、それがしみとなります。

この炎症性色素沈着でできたしみを取るにはエステやサロンに行くという手もあります。しかし、しみの度合いが大きいのであればクリニックなどの医療機関をお勧めします。

最近ではしみをレーザー治療で取ってしまう人もいるようですが、レーザー治療が逆効果となってしまう場合もありますのでまずは皮膚科専門医に診てもらうのが良いと思います。

皮膚科だとカウンセリングも行っているので、自分のしみ合った除去方法でしみを取ることができると思います。

肌のしみと脱毛の関係

肌のしみを作ってしまう原因の一つにムダ毛処理があります。ムダ毛処理を皆さんはどうやっておこなっているでしょうか?

たいていの方は剃刀で沿っているとおもいますが、これが肌に予想外のダメージを与えてしまいます。

体毛を剃る過程で肌を一緒に削ってしまいます。そうして肌に傷をつくり、そのあとがしみとして残ってしまうことがあるのです。

とくにムダ毛を毎日処理している方は注意が必要です。傷が治らないうちに、また肌に剃刀をあてることで傷をつくることでダメージが蓄積します。

とはいえ、ムダ毛の処理は綺麗でありたい女性にとっては必須です。ではどうすればいいか?

その一つの解決方法に光脱毛があります。光脱毛は美容クリニックやエステで受けることができます。最近では家庭用の脱毛器も発売されています。

特殊な光を肌にあてることで毛根を焼き切ってしまって、ムダ毛を根本から生えないようにしてしまうのです。毛根にのみ反応する光なので肌にはダメージがありません。

光脱毛を行うことで、ムダ毛が生えてこないようになりますので、剃刀で体毛をそるという作業をしなくてよくなるわけです。

だから肌のしみを考える方には、まずしっかり脱毛をすることが必須なのです。若い方はまだ必要ないとおもっているかもしれませんが、日々の積み重ねで肌にダメージはたまっていきます。

年齢を重ねるにしたがって、そのダメージがどんどん出てきたということもすくなくありません。しっかり対策しておきましょう。

お近くの脱毛エステを調べる方法は「自分の地域+脱毛」などで検索をかけてるとさまざまな脱毛サイトが出てきますので参考にしましょう。たとえば春日部市にお住いの方だったら「春日部 脱毛」という風に調べてみましょう。

きっと自宅のそばに光脱毛を受けることができるエステやクリニックが見つかるはずですよ!

肌のしみができやすい部位

しみができる原因は紫外線にあります。紫外線を浴びる事でしみができてしまうのですが、身体の中で一番露出されている顔にしみができ易いのです。

顔にできてしまったしみというのは他の部分にできてしまったしみよりも気になるものだと思います。顔というのは毎日鏡で見る部分だと思うので、新たにできたしみにはずぐ気づくと思います。

しみができないように対策をするのはとても重要で、顔を重点的にする人が多いと思うのですが夏場だと露出した服装になるので腕や手への対策も忘れずに行いましょう。

しみが多くできてしまうと、年齢よりも老けて見え損をしてしまいます。しみの原因となる紫外線は夏場だけのものではなく、冬場や曇った日、雨の日でも紫外線は降り注いでいるのでどんな日でも注意を怠らないようにしましょう。

できてしまったしみを消す事を考えるのも大切ですが、しみは紫外線が肌内に蓄積されて後で出てくるものありますのでまずは紫外線対策をとる事が得策でしょう。

1度できてしまったしみを消すのは安易な事ではありませんので、まずはしっかりとした対策をとりましょう。

紫外線だけでなく加齢に伴うしみもあるので全くしみができないようにできるのかというとそうではないのですが、なるべくしみのできにくい環境を作りしみができるのを防止していきまし

紫外線以外に肌のしみの原因になるもの

しみの一番の原因は紫外線なのですが、紫外線以外にもしみができる原因となるものがあります。紫外線以外でしみを作ってしまう原因には「ストレス」があります。

しみを作らない為には肌の新陳代謝が大切なのですが、ストレスは免疫力が低下させホルモンバランスを乱し結果、新陳代謝が悪くなります。

ストレスが溜まりイライラするとコルチゾールというホルモンが分泌されしみができやすくなります。ストレスが溜まると体内の活性酸素が増加し、その結果肌が老化しメラニン色素が沈着ししみもできやすくなります。

また「肝機能の低下」もしみの原因となります。肝臓は血液中の老廃物を取り除いたり、血を綺麗にします。
その肝臓の機能が低下すると、血液の浄化ができずに肌の細胞にも老廃物が混じる結果となり、肝臓からの特殊なしみができる事になります。

また「タバコ」もしみを作る原因となります。タバコを吸うと体内のビタミンCが破壊され、メラニン色素の生成を抑えることができなくなります。

タバコは血管を収縮させて血行不良を引き起こし肌の老化を促進するという悪循環も引き起こします。そのためにタバコを吸うとしみができやすくなるのです。

このように紫外線の他にもしみを作ってしまう原因はあるので気をつけなければいけません。

紫外線が肌のしみを作る!

しみができて悩む前に、しみがなぜできてしまうのかという事を考える必要があります。

しみの大敵となるのは紫外線です。紫外線は肌に大きなダメージを与えます。そのダメージを防ぐ為にメラニン色素が形成され、そのメラニン色素が沈着してしまう事でしみができてしまうのです。

紫外線から肌を守る為に形成されたメラニン色素は通常は役目が終わると新陳代謝で剥がれ落ちます。しかし新陳代謝は年齢と共に悪くなりメラニン色素が残ってしまいしみとなってしまいます。

しみというのは強い紫外線を浴びる事ですぐにできてしまうものもあれば、一定期間肌の中にあったものが突然出てくるものもあります。

それなので、紫外線予防をしていなくてもしみができないと安心しきっていると後々しみがでてきてしまうという事になります。しみを予防するには紫外線対策が一番です。

紫外線は夏場だけではなく冬場や雨の日にでも降り注いでいますので、常に予防をしておく必要があります。年齢を重ねると新陳代謝が悪くなるので特に紫外線予防には気をつけないといけません。

紫外線予防は、日焼け止めを塗る、帽子をかぶる、日傘、手袋を着用するなどしてどんな日でも徹底してするようにしましょう。

1度できてしまったしみは簡単に消える事はないので、若いからといって安心していると年齢を重ねた時にしみが大量に出てきたなんて事もありえるので気をつけましょう。

年齢とともに増える肌のしみ

年齢を重ねるとともにしみが目立ってきて悩んでいるという人は多いと思います。

若い時は全く気にならなかったしみも、年齢を重ねるととても気になってきて若い時にもっとケアしておけば良かったと後悔する人も多いのではないでしょうか。

しみの原因になるのは紫外線だという事はよく知られていると思います。

メラニン色素が肌に染み付いてできるのがしみなのですが、原因は紫外線だけではなく加齢やストレス、肌の炎症や肌荒れ、ニキビ、ホルモンバランスの異常、睡眠不足などもしみが出来る原因だといわれています。

若い時に紫外線対策を全くしていなかったのにしみはできなかったと思う人も多いと思いますが、その時でも確実にメラニン色素は皮膚の下に沈着していたはずです。

年齢を重ねるとともにその沈着していたメラニン色素が皮膚の表面に現れ、しみができたと感じているだけなのです。

最近はしみを取ったり薄くしたりといった治療方法や化粧品などの販売もされています。
紫外線対策をするのももちろんのこと、しみ取りの化粧品などを使ってしみを消す事を考えてみてはどうでしょうか。

長年かけて表面に現れたしみですから、すぐになくなるという訳ではないので継続的に治療する事が必要だと思います。
しみで悩んでいる人は放置して諦めるのではなく色んな方法を試してみましょう。

肌のしみの原因を知り、対策を。きれいな肌をあきらめないで!